TOP  

本年度とは 2007(平成19)年2月4日〜翌2月3日
2月とは 2月4日〜3月5日
3月とは 3月6日〜4月4日
4月とは 4月5日〜5月5日
5月とは 5月6日〜6月5日
6月とは 6月6日〜7月6日
7月とは 7月7日〜8月7日
8月とは 8月8日〜9月7日
9月とは 9月8日〜10月8日
10月とは 10月9日〜11月7日
11月とは 11月8日〜12月6日
12月とは 12月7日〜翌年1月5日
1月とは 1月6日〜2月3日
各方位とは、各人の居住している御自宅からの方位となります。
鑑定時に方位地図を作成致します。


本年度の気になることと注意事項 平成19年

本年2007年は二黒土星中宮丁亥年です。二黒土星は、その名の通り、土、大地を表します。天の恵みを一身に受けながら、何ら見返りを求めずに地上の生き物たちを生み育て、昼夜を問わず、ただ黙々と働く姿は、無償の愛をもって我が子を愛育する母親の姿そのものです。
火山爆発、土石流被害は例年に増して多く、又、水害、地震、山岳事故、森林火災、高層ビル火災事故、テロ爆発事件等が多発する懸念もあります。
さらに地球の温暖化による天候不順、特に水害によって農作物は手痛い目にあい物価変動が激しくなります。
また新たな恐ろしい細菌が発生する懸念もあります。
犯罪は、益々ネット犯罪詐欺が横行し、土地争い問題、特に国益に関する領土問題が再燃しそうです。人民・人権・核等の国家間のトラブルや宗教による紛争も起き易くなります。
いじめ問題や幼児や妻・女性への怨恨関係の犯罪の増加もありそうです。
地核活動は益々活発化し、地震が多く、今年の地震は大きな地震になり易く、危険な予感がします。
石油高騰により自動車産業は、益々自然ガスや電気自動車が話題になるでしょう。
スポーツの世界は新旧交代の時期に入り、特に女性が活躍し、話題になり、新しいスターが誕生するでしょう。
食中毒や毒入りなどの事件が横行し、大企業がパニックに陥ったり、官僚、警察、政治家等の旧悪露見スキャンダルが多くなりそうです。
昔の古いものが再燃し、古いものと新しい物の組み合せに成功する企業が儲かるでしょう。
本年度は黒、青、紺(ネイビー)、茶(ブラウン)、紫(パープル)色等が流行色となります。
どなたも艮(北東)方、巽(東南)方、坤(南西)方が最も悪い方位です。
本年度の各人別運勢
2007年2月4日〜翌年2月3日
本 命 運 勢
一白水星 盛旺 人間関係がスムーズに展開される好運気最高の年です。一般的に運気は非常に明るく他人にもてもての時期ですが、歳破に邪魔をされ、特に遠方の甘い話は危険です。極端に大きな話を持って来る人や、やたらと突っ張りの強い人には近づかないようにして下さい。部下や特に女性の相談や世話事が多くなりますが、誠意を尽くして面倒を見ると良いでしょう。良い結果が得られます。経済的にもゆとりが出て資金繰りも順調です。縁談や就職等の喜び事も多くなります。健康面では、風邪や冷えに注意。油断すると長引く恐れ。
二黒土星 盛極 盛運最後の年です。全てにおいて慎重さが要求される年です。過去の陽運に慣れて、自信過剰、散漫となり、我儘から独断に支配され、失敗する恐れがあります。自分自身を抑えると良いでしょう。改革改造問題、親戚知己などの問題に関与する事は厳禁。特に畳替え、改造、改築は1年間禁止。事件、事故、盗難、災難に注意。健康面では、消化器系の疾患に注意。不安や落ち着かない心をまぎらわせる為に暴飲暴食に陥りがちです。
三碧木星 衰初 本年より5年間の衰運に入ります。変わった事や新しい事に気が回り、欲が深くなる時期ですので、新規事、創始、創業、増資、拡張、分不相応な事、力量以上の事への挑戦は避けて下さい。失敗の元になります。上司、上長、先輩、親との関係でも苦慮しがちです。投機、投資、賭け事はほどほどに。勝負運なし。交通事故にも注意。
四緑木星 衰沈 気持ちが沈みがちですが、案外運気が良い年になります。何事も消極的と積極的が同居する年です。遊興気分が旺盛になり、遊び過ぎに注意。仕事面は小さなプランなら実行に移すのは良いですが、社運を賭ける大きな計画の実行は控えて下さい。既婚女性は姑や小姑とのトラブルに注意。冠婚葬祭が多く、金銭流失がちな1年です。極端に太ってしまう人とやせてしまう人が出ますので食事には要注意。異性問題に行き違いが多い年です。刃物のケガにも注意。
五黄土星

衰変 心境、身辺、身上に変化の起きる年です。今年は良い意味で変化が生じ、不動産が手に入る暗示があります。事業に成功している人は商品相場の失敗や株の暴落などツキが逃げていく恐れがありますが、ツイテイル人とそうでない人に極端に別れそうです。生活に区切りをつけて改革するにふさわしい年です。今迄ツキに恵まれなかった人にとって、チャンスの年ですが、欲をかくと必ず失敗します。結婚は今年中に決めると良いでしょう。高所、階段に注意。

六白金星 衰旺 前厄にて、生別、死別等の離別の難にあい易い年です。離婚、恋愛、縁談解消の恐れも。精神的に不安定、感情的になり易いので、自身カッカしないで冷静に対処して下さい。芸術や学問に携わっている人は最も良い時期です。今年発表した論文等は世に認められます。印鑑や文書に関するトラブルが生じる恐れがあります。特に正午時(午前11時〜午後1時)の署名、捺印注意。お金の貸し借りは厳禁です。裁判沙汰になる恐れ。秘密の露見にも注意。
七赤金星 衰極 衰運最後の年です。健康面、経済面、精神面、全てに於いて、悩みや苦労が多い年です。一般的に住居の悩みも起き易くなります。今年は絶対に引越は出来ません。家の改築、建て替えは要注意です。後厄にて新しい仕事もやってはいけません。浮気、誘惑等の愛情問題の悩みも多くなります。健康面は厄年にて大病したら死病とも言われています。女性の場合は、冷えから発熱をともない、膀胱障害や月経不順、うつ病等を発生し易く注意が必要です。トンネル、航空、列車事故、水難に注意。
八白土星

盛初 やっと運気が上がり、やる気が出る時です。しかし3月くらい迄は昨年に続き試練の年になります。何故なら貴方にとって暗剣殺の年だからです。昨年の悩みが残り愚図愚図し易く、人間関係も波乱含みで身内に不幸や家族に病人が出たり、知人に不幸が起きる事も多く、家庭、身内の事で心痛しそうです。古い問題は解決に向かうでしょう。不動産投資はお勧め時です。胃腸と関節関係を悪くすると入院生活を余儀なくされます。交通事故の危険も大です。八白土星の人の運転する車には乗らないよう気をつけましょう。

九紫火星 盛進 運気が進展する年です。何事に対しても非常に積極的になり、活動力が出るチャンスです。企画、計画、新規事へのアイデアなど世間から認められる時期です。移転、増改築、転職などの新規の計画はOKです。人間関係がスムーズにいき、生き生きとした建設的な付き合いが展開されるでしょう。投機、投資、賭け事では損をしそうです。交通事故や火災など突発事故に要注意。